そうだ、長野へいこう。2日目

大学生, 旅行, 未分類, 長野


みなさん、おはこんばんにちわ。うみんちゅです。

 

今回は、前回の旅行ブログの2日目の投稿になります。

 

『1日目すら見てねーよwwwww』

 

とゆう無礼な方はこちらから。

 

1日目に宿泊した、ホテル栃木ニューサンピアを朝10時頃に出発し、

 

ゆっくり観光しながら向かおうwwwww(ここで草が生えます)

とゆうことで高速道路には乗らず下の道を走りました。

 

 

そして群馬へ突入したところで

『ラーメンが食べたい』

ということになり、

 

群馬のラーメンランキングトップである

『ラーメン芝浜』さん

にお邪魔することに。

 

 

あまり広い駐車場とは言えませんでしたが、

華麗に駐車を決め(10回は入れ直した)(中型自動車はじめて乗った)(ペーパードライバー)(言い訳する人は嫌い)

 

並んでいたところ、

麺が僕たちで無くなってしまうということで、ギリギリセーフでした。

 

しかし、そこの看板メニューである

 

まぜそば、つけめん、らーめん(浮かんでくる、かの一発屋芸人)(かの と 狩野でかけたんだお?)

の3種類を堪能することができる

『小麦三昧』があと2人分しかないという。

 

燃える5人。あそこまで白熱したジャンケンは毎週日曜の夕方にやってくる彼女との戦い以来でした。

 

勝敗は…

 

 

 

勝ちました。

(そしてこの表情である。)

 

こちらはまぜそば。魚介の香りが口に広がる。

北海道産「きたほなみ」を使用したつるつるの麺に自家製ダレが絡みつく。

煮干しの強い香りが癖になるラーメン。

 

以上、それっぽくかっこつけた感想でした(かっこいい)

店員さんもとても良く対応してくれ、美味しいラーメンも食べることができて大満足でございました。

 

またいつか来たいと思います。

 

 

そうこうしているうちに、宿泊場所のチェックインの

15時に全く間に合わないことに気づく御一行。

 

そう、今まで、

 

 

『なんで長野?』

と思っていた方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。

 

この日の宿泊先こそがこの旅行の目的なのです。

 

そこは…

 

 

 

「渋温泉 金具屋」

です。

 

そうかの有名なジブリ作品、

『千と千尋の神隠し』のモデルとなったとされている温泉なのです!!!(台湾にもう1つある)

 

ここに一度来てみたくて、前日から出発したわけです。

 

しかし、

絶対に時間内に間に合わないマンの僕たちは

チェックイン予定の2時間遅れの17時についてしまいます(ギリギリセーフwww)(すいませんでした)

 

そこは、温泉街になっていてそこらかしこから湯気が立っていて、心が踊りました。

 

とりあえず駐車場のような場所に車を止めた瞬間、

 

『佐々木様ですか?お待ちしておりました。バスが来ていますのでどうぞ、乗ってください。』

 

 

「ファーーーwwwwwwwwww

wwwwwwwwwwwwwww」

 

てなりました。(うそです)というか、何を言ってるか理解できず言葉が出ませんでした。

 

 

ウェブでの予約のため車で行くとも、自転車で行くとも言って

ない&2時間遅れなのに…

 

なんてサービス心…!!

 

 

小型バスに乗せらて、進むとそこにはまさに『千と千尋の神隠し』の世界に似たような風景が。

こちらが外観。めちゃくちゃ綺麗。

 

建物内に入り、部屋に案内されましたが、豪華なあまり、

 

『帰った方よくね??』

となりましたね。(まじ)

 

こちらがロビー。この時点でカオナシがでそうな雰囲気がぷんぷんしている。

 

内観です。とにかく・・・

 

 

綺麗すぎる!!

 

僕たちが泊まった部屋。絶対にお酒飲んではしゃぐところではない。(しっかりとはしゃいだ)

 

とりあえず温泉街を散策することに。

 

外靴を取りにロビーへ行くと、

 

何も言っていないにも関わらず、

僕たちの靴が準備されていく(顔を覚えているのでしょうか。)

 

サービスが行き届き過ぎて生きてるのが恥ずかしくなりました。(もぅしにたぃ…)(メンヘラ彼氏)

 

 

すると出てすぐのところに卓球場が。

 

無駄にはしゃいでしまい、30分近く遊んでしまいま

した。(時間の使い方レベル2)

 

遊んでるうちに、夕食の時間に。

 

食前酒の、あんず酒がとても飲みやすかったですし、料理の見た目も綺麗で、味もとても美味しかったです。

とりあえず撮影が下手すぎる。(おしゃれさんとつながりたい)(ついに)(予測変換に出るようになった)

 

僕らが、宿泊した金具屋は1758年創業で有形文化財にも登録されているそうです。(ちゃんと紹介も加えてイグゥ)

 

館内には、8ヶ所24時間入浴できる温泉があり、外湯めぐりの宿泊コースならばその他に9ヶ所の外野を巡ることができます。

 

僕たちも最初は、

 

 

『全部まわってやるぜぇぇwwww』

的なテンションでしたが、

 

 

4つくらいでダウンでした(今日のコーデ)

 

↑うみんちゅと金具屋の豪華なコラボ↑

 

 

以上、この長野旅行のメインイベントであった、

『渋温泉 金具屋』さんでした。

 

外観も内観もめちゃくちゃ綺麗で、サービスも行き届いていて、とても堪能できました。ありがとうございました。

 

僕も「千と千尋の神隠し」のハクみたいに、

女子にかっこいいと呼ばれたい人生でした。(まだ諦めてない)(どちらかというと)(カオナシポジ)(やかましいわ)(みんなでつくるコーデ集)

 

長野旅行2日目、無事に終了です。

ご静聴ありがとうございました。

3日目以降も是非見てください。

SNSの方もフォローお願いします。

Twitter→@uminchublog

instagram→@uminchugram06